HOME診療のご案内歯の移植

診療のご案内:歯の移植

歯の移植

歯の移植をご存知ですか?

歯を抜かなければならない場合、通常3つ方法があります。
  1. 取り外し式の入れ歯
  2. 固定性のブリッジ
  3. インプラントによるクラウン(冠)

そして4つ目の方法として、「余っている歯を抜いたところに持ってくる方法」 即ち「歯を移植する方法」があります。

多くの場合親知らずが使われます。

余っている歯、抜いても差し支えない歯があることが前提です。
ケースさえ選択すればとても成功率は高く、コストの面でもインプラントよりかからないため この方法が出来る場合には インプラントを考える前のファーストチョイスとして患者様にご説明しています。

これまで30年余り 相当数の歯の移植を行ってきましたが、自分の歯ですから(自家移植といいます)とても高い成功率を収めています。

あまりにも使おうとする歯が小さすぎたり、根が短すぎたり、形態が悪すぎる場合は出来ないときもありますので 十分な診査と診断が大事です。

では実際の治療例をご覧下さい。

  • 第一大臼歯を 抜歯したところです

    残すことが不可能な第一大臼歯を抜歯したところです。通常この場合
    抜いたところには ①隣の歯を削ってのブリッジ ②着脱式の入れ歯 ③インプラントのどれかを考えねばなりません。
    残された方法として 親知らず等の抜歯してもよい歯がある場合に ④歯の移植があります。

    長所⑴自分の歯なので くっつきやすい
    ⑵他の方法に比べ治療期間が短い
    ⑶インプラントより安価
    ⑷長期間安定して使える場合が多く方法として満足度が高い

    欠点⑴抜歯してよい歯が残ってないとできない。
    ⑵用いる歯の大きさ、長さ、形状等 条件があり 利用できないことがある
    ⑶抜歯すると骨がやせて治癒するので 抜歯時または抜歯して早めにする必要がある。
    ⑷最終的には被せを入れて咬合を回復する必要があるので 費用がかかる。

    治療上のリスク自分の歯を用いるため 適応症かどうかの診断が大事になります。
    親知らずや転位歯など 余っている歯を用いる方法ですので 使える歯は限られてきますので、その歯の歯根が短いとか、径が小さすぎるなどで 条件が悪い歯などでは 長期にわたっての良い結果が得られない場合があります。
    また 歯根が曲がっていたり 歯根の先が肥大していたり 歯根が2根、3根あるなど 難しい抜歯の場合は 抜歯時に歯根が折れてしまった場合は移植に使えないことがあります。

    費用自費治療における移植の費用 15万円(税抜)
    (上にかぶせる場合は、かぶせの種類により異なりますが、別途必要となります。)

  • A親知らずを移植して、 固定したら 型取りをします

    親知らずを移植して、くっついたら被せる準備をします。
    被せの種類によって 費用も変わってきますので 詳しくは その歯の状況を診査してからのご説明になります。

  • A親知らずを移植して、 固定したら 型取りをします

    B このケースの場合その上にセラミック冠をかぶせて、元の機能を回復しました
    となりの歯は全く削らないで治療完了しています。
    10年以上経過しても 問題なく使用していただいています。

イラスト
イラスト
院長のひとり言

このページのトップへ

診療時間〈完全予約制〉

診療時間
AM
9:00〜12:30
(○)
PM
2:00〜6:00
■ 休診日:
日曜・祝日
および木・土午後
(第1.3木曜は休診)

中村歯科医院の所在地

〒 657-0028
神戸市灘区森後町2丁目3-18
TEL 078-851-4780
JR六甲道駅 北へ徒歩3分
阪急六甲駅 南へ徒歩4〜5分

三宮駅からJR快速で4分
大阪駅からJR快速で22分

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。

インプラントはこちら▶▶▶/神戸インプラントCTセンター