• 正しい歯科治療と予防で   健康でより質の高い人生を
  • 正しい歯科治療と予防で   健康でより質の高い人生を
  • 正しい歯科治療と予防で   健康でより質の高い人生を

<5月18日更新>

お知らせ: 5月20日(木)は休診日です。(第1、3木曜日休診)

神戸市灘区の中村歯科医院でございます。
どういう治療法を行えば どのような結果となるか
大学を卒業し歯科医師となってからの経験から 多くの学びがありました。

時代とともに 新しい治療法、機材、機器が現れ、歯科医療も変化の歴史がありますが より強くその大切さを感じること
その一番は「予防の大切さ」です!

毎日のお手入れと同時に 定期的なプロケアーがいかに大事か、、

磨き残しの場所に最初の虫歯ができ、それが進行して大きくなり、神経に細菌が感染して歯の痛みが生じ、結果神経を取らざるをえないことになります。
そして20年以上 年数を経て歯がもろくなるため歯根破折を起こして抜歯に至り、欠損を補うためにブリッジや入れ歯やインプラントとなるわけです。
歯周病も同じです。細菌感染と 噛む力によって歯周組織(骨など)が破壊されて起こります。

何回も何回も治療を繰り返してこられた方は少なくないと思います。
例えば 若い年齢で大きな虫歯で神経をとり、奥歯だからと安価な銀色のかぶせや差し歯を入れ、そしてそれがまた 次の治療につながって行く・・・。
神経を取ると 虫歯になっても痛くないので発見も遅れますし、噛む力で歯も割れやすくなり、歯を失うリスクがいかに増すかです。
入れ歯もインプラントも 一本の歯を守れず、失う結果になったからの 次の一手なのです。

人生に関わっていく歯科医療の役割を強く感じます。
こうすればよく咬める。こうすれば長持ちする。逆にこういう咬み合わせの人は将来こんな問題が起きる。歯がダメになるパターン、インプラントと入れ歯ではそれぞれ時間と共にどういう変化が出てくるか、、
あるいは治療後 メインテナンスをきっちりされている方と 困ったときにだけ治療をされる方との差、また保険治療と自費治療の結果の差、生涯にわたる口腔内の変化は・・・。

患者さん おひとりおひとりの考え方や受け止め方、健康への取り組み方、また一番壁となっている歯科治療の恐怖心なども その方、その方 様々で、ご自身の人生への姿勢、生き様が 口の中にも表現されていることもわかってきます。

まさに「口の中にあなたの人生の履歴書がある」ということです。

このホームページでは経験から得た教訓や 歯科治療としてあるべき姿をお伝えしたいと思います。

期待されると思うのですが、残念ながら何もかも完璧な歯科医などいません。大切なことは インプラント、矯正、審美治療など、その時代、その時代の医療水準に照らして 合ったものを患者さんに確実に提供できるか その努力をしているかということだと思います。

いろいろな複雑なケースに どのくらい、どのレベルで応じられるか?
そして自分の技術、力量を越える場合は その分野でのエキスパートに委ねることも大切だと考えます。

よく患者さんはおっしゃいます 「この際ちゃんと治したい」 と。
「ちゃんと」あるいは「きっちり」 とは どういう治療をいうのでしょう?

おそらく よく咬めて、健康に結びつき、長持ちして、快適で、将来のリスクが少ない治療ということでしょう。
しかし、これが千差万別です。
「どのような計画(設計図)を立てるか」、ちょうどお家を建てるときの設計図。建築設計士により図面が変わり、素材が変わり、様々な家ができあがるのにかなり近いでしょう。しかも職人さんの技も異なりますね。歯科医療は 丁寧に理想的に治そうとするなら、患者さんが一般的に受け止めておられるような、短時間でかつ簡単にできるものではありません。細かさを追求する医療なのです。

歯科治療では自然治癒を期待できるケースは限られていますので、どう治すかによって歯の運命は大きく変わっていくことになるのです。早く、安く、上手に、できるだけ削らず、神経を残し、しかも白くきれいに、長持ちするものを、治療は痛くなく・・・望まれるのはわかります。

しかしきちんと治すには、時間と技術、根気と手間、材料コスト、技工技術、心理面の配慮、そして何より決定的な要素となる一番重要な スタート時の「診断」など これらの条件を無視しては困難となります。保険治療のメリット、デメリットも 長い人生というスパンの中で理解していただく必要があります。

歯科には保険診療と自費診療があります。
自由診療は 患者さんの健康のために「よりよい方法」を提供するための選択肢です。長く健康に結びつくよう快適性も含めて追求するのが目的です。

もっと「歯科治療」のこと、「歯を大切にすることの重要さ」、「全身の健康との関係」」を知っていただき、正しい判断基準をお持ちいただきたいのと、歯やお口の機能が、人生と大きく関わり、そして心の豊かさや 人生の喜び、幸福感をもたらす大切なところであるということを お一人でも意識し感じていただければと願うものです。

「正しい歯科治療と予防を通じ、健康で楽しい人生を送っていただきたい!」 そういう思いで 以下を述べます。

→以下、院長のひとり言に続きます▶▶

院長のひとり言とは

院長

中村歯科医院・院長中村真一でございます。
このホームページには、当歯科医院の診療科目や所在地のご案内だけでなく、歯科医として歯の治療に取り組む理念や患者様とどうむきあっていくかのメッセージを「院長のひとり言」として掲載しています。
お読みいただくのに少しばかり時間を要しますが、お越しいただく前に、できればじっくり腰をすえてお読みいただきたいと思います。

院長のひとり言目次

院長のひとり言へ院長のひとり言へ 

このページのトップへ

診療時間〈完全予約制〉

診療時間
AM
9:00〜12:30
(○)
PM
2:00〜6:00
■ 休診日:
日曜・祝日
および木・土午後
(第1.3木曜は休診)

中村歯科医院の所在地

〒 657-0028
神戸市灘区森後町2丁目3-18
TEL 078-851-4780
JR六甲道駅 北へ徒歩3分
阪急六甲駅 南へ徒歩4〜5分

三宮駅からJR快速で4分
大阪駅からJR快速で22分

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。

インプラントはこちら▶▶▶/神戸インプラントCTセンター