健康への入り口

HOME診療のご案内審美歯科

診療のご案内:審美歯科

審美歯科

「審美歯科」という分野。審美歯科は実は決して今に始まった新しい分野ではありません。

「審美」という言葉が一般的に認知されていなかっただけです。ただ審美歯科領域では ものすごく 歯科材料と 治療方法が発達したことはいえると思います。ジルコニアを用いたオールセラミックなどが代表です。

本当の審美歯科は ただ色合わせして、セラミックをかぶせたり ホワイトニングして歯を白くすることだけを 指すのではありません。ここのところがすごく大切ですので 失敗しないようにしたいものです。 

いかに歯を健康に保ちながら美しさを表現するかが大切なのです。いい歯を削ってセラミックを被せたり、ただ金属を白き歯に変えることがなんでもかんでも良いとは限らないことを くれぐれも十分頭に入れておいて下さい。

もし その歯が駄目になったら 審美歯科どころではなくなってしまいます。歯を長持ちさせることが 最優先されるべきで その考えの上に立って 審美を追求して行くのが正しいのです。

もちろん 笑った時、会話の時に よく見える部分が どうも色がすっきりしない 金属色が気になると思っておられる方は 実際のところ多いと思います。
特に女性の方は 下顎の奥歯でも気になるという方が多いのも事実です。しかし「歯の健康を守ること」と「美を創造する」という 2つの正しい考えをベースにして 治療を進めていく事が大切なのです。

繰り返しますが 第一に「あなたの歯の健康」を目指すのが何より大切です。 

その目的に沿って 歯肉の状態、歯の大きさ・長さなどの形態、かみ合わせ、対象性、将来の磨耗、審美的材料を用いたかぶせなどの歯への適合度(2次的な虫歯の発生と関係)、歯を削る良し悪しなど様々な条件を考慮した上で審美を追及していくことが大事なポイントになります。歯の寿命を考えると 金属を用いた方が好ましいケースもあることを知っていただき その上で 審美を求めるに値するかを判断して治療を進めないといけません。 

比較的噛む力の強い方が、一番奥歯まで無理をしてオールセラミックを入れると セラミックが破折するリスクも高いといえるでしょう。歯の厚みが薄い方では 色調を表現するために大切な神経をとるのが良いことかどうかも十分考えなくてはいけません。

金属を用いた治療の方が絶対的に精度がよく歯にぴったりと合いますし、割れたり欠けたりすることもありませんから、長期的に考えると 特に「インレー」と呼ばれる「歯の一部のみを扱うケース」では 金属の方がお奨めになります。審美治療においては、リスクとメリットをよく知っていただくことも大切と考えています。

そして、その方の歯や咬みあわせの特性や 治療目的、将来も考え、審美歯科治療は行わなければならないということを 分かっていただきたいと思います。 もちろん「美」を優先されたいのが 患者様の立場でもあることは十分理解しています。

「審美歯科」はよりきれいに、より健康的に、より自然な笑顔に。言い換えますと「いつまでも若くあるため」歯科的治療を施していくアンチエイジングにも結びつく治療です。専門的観点から、あなたの健康を考え これからの健康を目指しながら 美しくして差し上げ、結果 喜びにあふれた笑顔、そして晴れやかな気分になり 心も健康になれるようにしてさしあげることと私は 審美歯科を位置づけています。

現在の審美歯科の進歩発達を 臨床の場で 患者さまに 提供いたします。私の審美歯科治療例 ほんの一部 ご紹介します。

左 治療前 右 治療後
臨床例1
(臨床例1)
前歯4本を短期間の部分矯正をした後、ラミネートベニア法で治療。神経はそのままで。
臨床例2
(臨床例2)
右の真ん中の歯は昔 神経をとっているため 色が変わり歯の隙間も気になります。

左右の対称性にも問題がありました。歯の形態修正を施すとともに、
全体の矯正はご希望でなかったので限局的に矯正、その後全体を
ホワイトニングした後、前歯2本をオールセラミックで治療しました。

臨床例3
(臨床例3)
前歯1本をオールセラミックで治療
臨床例3
(臨床例4)
ホワイトニング後 前歯3本をオールセラミックで治療
審美歯科
イメージ写真
イラスト
イメージ写真
健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。