健康への入り口

HOME最善治療のすすめ

最善治療のすすめ

最善治療のすすめ

神戸・中村歯科医院 ー「最善治療」の考え方についてー

まず何より、ご自身で今のお口の中の状態を知っていただきたく思います。
  このままで良いのか、どこがどういけないのか。なぜこうなったのか?どんな方法で行うのがよいのか、奥歯は見えないからどんな治療でもいいのか?保険治療と自由診療(自費診療)のその差はいったい何か?・・・

 いろいろと間違った知識を持っておられる方、歯科の内容を正しく理解されてない方が多くいらっしゃいます。そのことにより 多くの歯を治療し、神経を抜いて被せ、それを何度と繰り返し そして結果的に歯は失われ、中年期以降 歯の悩みを抱え続けることになっているのが日本の現状です。正しい歯科の知識を身につけていただき 人生の中で 歯の大切さを十分認識していただきたいと心から願っています。

 そのために中村歯科医院では治療に入る前に、もちろんそれを必要とする場合ですが、レントゲン(必要なら3次元CT撮影)や歯型、かみ合わせのチェック、歯周病のチェック、お口の写真撮影の資料を取らせていただきます。それらの資料をもとに、患者さまに説明をいたします。  

 そして「ベストの方法で治したい」と願われる方、また「今回のこの歯の治療は将来のためにきっちりと治療する必要がある」と判断した場合は「最善の治療」について お話させていただきます。

  中村歯科医院におきまして「最善治療」をお勧めするコンセプトは 患者さんが何度も治療を繰り返すことなく、いつまでも歯の健康を通じ 楽しく快適に食生活をおくっていただき、人生で歯の悩みなど抱えず それぞれのお仕事や社会でのお役めに専念していただけるよう 歯科医としてベストのことをしようという考えです。
「ものでない価値」、「ものでない豊かさをご自身の選択で得ていただくことです。

 すなわち快適で 健康に結びつき 長くその状態を続けて それぞれの方の人生のQOLを高めていただくため、今の歯科医学を反映した ベストと思われる方法、材料を用い また必要かつ十分な時間を確保して行います。

 ところが難しい問題があります。その次悪くなったら、抜歯になるような大きな虫歯、難しい神経の治療、セラミックによる審美治療、歯の欠損の治療になりますと 今の制度下では 制限、制約があまりにも多すぎるため こうすればよいと分かっていても ベストの方法、材料を用いて 患者様の満足が得られ、10年以上安定する治療を行うことが難しい これが現状です。安易に神経を取る日本の治療もこのことに起因する部分が多いと思います。

  一回一回必要な時間をかけ丁寧に治療を行うことが大切なのです。
治療の質を提供するには「制限、制約の中で行わざるをえない」限界がある、ということも正しく理解していただき、「目指す治療ゴール」を患者さんと歯科医が共有しなくては 到達し得ないことになります。
  つまり「治療の質」を追求するには ①「治療方法」②「技術的要素」③「材料の選択」とそれらを提供するための必要不可欠な ④「時間」とが最も重要な条件となってくるのです。
自由診療(自費診療)は単なる高価な材料を用いる治療ではないのです。しかし多くの歯科医院では セラミックなどの審美材料 あるいはゴールドなど 「材料の違い」だけが優先され、それを勧められると思います。

 よく理解していただく必要があるのですが、歯の治療は、「再治療(繰り返し治療)」につながるような ただ削って詰めて「とりあえず当面不自由しなかったら それでよい」というのではありません。特に歯で苦労してこられた方はお感じかと思いますが 将来やこれからの人生の長さや質の中で 健康の喜びを十分味わうために「その時ベストを尽くししっかりと治すこと」の価値や利益を考えていただくことが大切で、そのために患者さまにどうしてもご理解いただきたいのが「最善治療」なのです。

 過去いろいろ患者様のお話をお聞きしていますと、行われている治療に対する、患者さん我々歯科医師との認識の差が大きな問題点だと常々感じています。その価値や違いを全く認識されていない と申しますより 目的や違いなどの説明をお受けになったことさえない方は少なくなく これまで説明を受けずがゆえに 内容も分からず 保険治療が当たり前と受けとられ、延々と治療を受けてこられた方が多いのが現状です。

 今行われている治療が、本来 歯科医学的に求めるべき「最善の治療」とどう違うのかの認識をお持ちいただくことは必要です。しかし 今すぐ絶対にしなくてはならない治療 というのでは決してありません。タイミングを待つことも必要な場合もあります。あくまで最善の治療方法が理解できて初めて患者様自らが選択される方法も理解ができ、歯科医師と共通のゴール目指して協力体制が確立されると思います。このことは治療をされる、されないに関わらず 歯科医師として お話しなければいけない務めと思っています。

 「今すぐ絶対にしなくてはならない治療ということではありません」 と申しましたが、「最善治療」によって どういう価値を手に入れられるか、歯 そして かみ合わせが人生にどうかかわっているのかを良く理解いただき、必要とご理解いただければ とり返しがつかなくなる前にご自身のために 可能な限り最善治療をご選択いただけたらと思います。

この「最善治療」に対する 私どもの思いが伝わることを願っています。

イメージ写真
イメージ写真
イメージ写真


健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。