健康への入り口

HOME診療のご案内矯正

診療のご案内:矯正

矯正

成人矯正、小児矯正について、最初にご理解いただきたいことをお話しします。

歯並びを整えるのは、きれいになるためだけではありません。不正なかみ合わせは全身に悪影響(肩こり、頭痛、背骨の湾曲、顔貌の非対称や顎の発育の不調和、発音障害、顎関節異常など)をもたらします。歯並びが悪ければかみ合わせも悪いので肉体的、精神的悪影響が出ることにつながりますし、虫歯にも、歯周病にも当然かかり易くなるのです。

豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯並びはもはや常識になっています。一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では歯並びに対する日本人の考え方も、「審美」から「健康」の獲得へと変化してきています。ここで取り組みとして次のことが考えられます。

  1. 小さな不正なかみ合わせを見過ごさない
  2. 不正咬合の予防をして最小限の治療ですむようにできれば発育 過程からコントロールを行っていく
  3. 矯正するならできるだけ早い時期から始める
  4. できるだけ永久歯を抜かない方法でする

歯並びを治す矯正は病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と、心をつくるための歯科治療なのです。

健全な食生活を送り、歯周病、虫歯を防ぎ、いつまでも自分の歯で「健康美あふれる笑顔」を手にいれてください。

中村歯科医院は矯正専門医院ではありません。歯科治療においては総合的なアプローチが大切と考え、矯正治療を行っています。子供さんの矯正の場合は成長、発育を考えて指導と矯正治療を行っております。また成人の矯正治療においては 単に歯並びを整えるだけでなく 咬み合わせ、歯周病、審美、将来に渡って歯を守っていくための様々な要因を考えて 矯正治療を行っています。

矯正治療の流れ

1.初診 問診・相談
矯正治療が必要かどうかの説明が中心です。
2.精密検査
@写真撮影(歯、顔)
A 歯のレントゲン写真撮影
B セファロ(頭部規格レントゲン写真)撮影
C お口の模型

これらの資料をとり、治療計画を立てることになります。
3.矯正診断
不正咬合の診断と、治療計画、治療方法、治療期間、費用について説明をいたします。
4.初診 問診・相談
@徹底的に歯ブラシをマスターしてもらいます。
なぜなら装置を入れることにより虫歯のリスクが高まるからです。歯科衛生士によるブラッシング指導とケア―を受けてください。
フッ素も塗布していきます。

A治療計画に従い、様々な矯正装置を使って歯を動かしていきます。

最初はちょっと違和感ありますがすぐに慣れていかれます。

B最終的な仕上げをします。
C矯正装置をはずし、後戻りしないよう保定装置を入れます。

5.定期検診
保定装置を入れている間も 定期的に検診を続け 虫歯のチェックも行ってまいります。

矯正治療の例
神戸市Nさん

治療例治療例
約3年後に治療を完了しました。
美しい歯並びです

治療手順

治療前の状態です
A

矯正ジグを装着します
B

治療の進捗状況に合わせて最適なジグに交換していきます
C

  1. 治療前の状態です
  2. 矯正ジグを装着します
    治療の進捗状況に合わせて最適なジグに交換していきます。
    (実際は金属が見えないように透明のものを使用します)
  3. 治療完了の状態です
健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。