中村歯科医院 健康の入り口

歯の接触グセ

口を大きく開けられない、あごのまわりが痛い、口を開けるとあごが鳴る。こんな症状に悩まされるようになったら、顎関節症が疑われます。東京医科歯科大学の木野孔司准教授らが顎関節症の患者さん約500人を調べてみると、共通のクセが見つかったということを、2014年10月25日の朝日新聞が伝えていました。TCH(Tooth Contacting Habit)と名づけられた、その歯の接触グセは、顎関節症を引き起こす最大の原因になることがわかってきたそうです。自分の歯を最後まで残そうと思ったら、ていねいなブラッシングと定期的な口腔ケアにプラスして、無意識のうちに上下の歯をつける上下歯列接触癖を是正することを記事では、すすめていました。ぐっと歯を食いしばっても、あごなどに負担がかかるが、長くは続かない。一方、軽い歯の接触は長時間化しやすく、問題はより深刻化しやすいのです。TCHがあると、口の周囲の筋肉が緊張を続け、関節に力が加わり続けます。また歯や歯周組織にも影響が出てきます。通常は、疲れを感じた脳が 「歯を離せ」 と命令を出すのですが、TCHの人はこの命令を抑えこんでしまい、脳が命令を出さなくなってしまうのだそうです。パソコン作業や細かな数字を扱う作業、車の運転や毎日の家事などで一生懸命なときほどTCHは起きやすいのですが、歯をかみしめることは誰にでもあることです。大切なのは、クセにしないこと。集中して取り組んでいる時こそ、口の脱力を心がけて下さい。

image7