中村歯科医院 健康の入り口

大人の歯科矯正

週刊朝日の2014年5月30日号に、「大人の歯科矯正」についての記事が載っていました。見た目を美しくする目的で受ける人が多かった大人の矯正歯科治療ですが、最近では機能の維持や歯周病予防、高齢になっても自分の歯を残す目的で矯正治療を受ける人が増えてきているそうです。認知症の予防や全身の健康維持のためには、1本でも多くの歯を残して健全な食生活を送ることが大切です。噛む能力の向上や口の健康増進の一環として、歯並びを治す矯正を視野に入れておきましょうと福岡歯科大学矯正歯科学分野の石川博之教授が記事の中で述べています。2012年の時点で、新たに本格的に矯正治療を始める人数は、年間推定20万~25万人だそうです。一般に矯正治療は保険がききません。(顎変形症を伴う場合は保険適用)また矯正治療は抜歯を伴うこともあります。抜歯が必要なのに抜かずに矯正すると、顎に歯が収まりきらない症例も少なくありませんので、まず視診とX線で歯や顎の骨、頭蓋骨を診る。さらに噛み合わせなどの口の中の状態を調べ、治療のゴールを決める。そしてゴールに向かって歯をどのように動かすか、綿密な設計図をつくることが大切です。患者さん一人ひとりの口に最適な設計図をつくってくれる歯科医師を選んで下さいと記事には書いてありました。

image8

美と健康の秘薬「唾液」

婦人公論の2014年5月7日号が「40代から体の衰えをストップできる人、できない人」を特集していました。特集には、先のことと思っていても、老化は知らずにしのび寄っているので、老化を左右する「脳」と「口」と「血管」の3つのパーツに目を向けて、立て直しましょうと書いてありました。口の項目を担当しているのは、鶴見大学歯学部の斎藤一郎教授です。口は老化が出やすい場所であり、なおかつ全身の健康とも直結しているので、「噛む筋力」と「唾液力」をアップさせることをすすめています。筋力の低下で噛む力が弱まり、唾液の分泌量が減少すると唾液の4つの大切なはたらきが低下するからです。

①口に入れた食べ物の栄養を分解し吸収を高めるはたらき。

②口内や食道の粘膜が傷つくのを防ぎ、傷を修復してくれるはたらき。

③細胞を酸化させて老化を進め、がんの原因にもなりうる「活性酸素」を退治するはたらき。

④唾液中のEGFという成分が肌や髪の毛などの再生能力を引き上げるはたらき。

この4つのはたらきをもつ唾液は、健康に欠かせない“若さの秘薬” なのだと斎藤一郎教授は言っています。健康な人は、1日に約1.5ℓの唾液が分泌されているそうです。特集記事の見出しにはこう書かれていました。美と健康の秘薬「唾液」をたくさん出しましょう。

image5