健康への入り口

HOME診療のご案内歯の移植

診療のご案内:歯の移植

歯の移植

歯の移植をご存知ですか?

歯を抜かなければならない場合、通常3つ方法があります。
  1. 取り外し式の入れ歯
  2. 固定性のブリッジ
  3. インプラントによるクラウン(冠)

そして4つ目の方法として、「余っている歯を抜いたところに持ってくる方法」 即ち「歯を移植する方法」があります。

多くの場合親知らずが使われます。

余っている歯、抜いても差し支えない歯があることが前提です。
ケースさえ選択すればとても成功率は高く、コストの面でもインプラントよりかからないため この方法が出来る場合には インプラントを考える前のファーストチョイスとして患者様にご説明しています。

これまでに250本近く 歯の移植を行ってきましたが、自分の歯ですから(自家移植といいます)とても高い成功率を収めています。

あまりにも使おうとする歯が小さすぎたり、根が短すぎたり、形態が悪すぎる場合は出来ないときもありますので 十分な診査と診断が大事です。

では実際の治療例をご覧下さい。

第一大臼歯を 抜歯したところです 第一大臼歯を
抜歯したところです
A親知らずを移植して、 固定したら 型取りをします A親知らずを移植して、
固定したら
型取りをします
A親知らずを移植して、 固定したら 型取りをします Bその上にセラミック冠
をかぶせて、元の機能を回復しました
となりの歯は全く削らないで治療完了しています
イラスト
イラスト
健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。