健康への入り口

HOME診療のご案内インプラントインプラントとは

診療のご案内:インプラント

インプラントとは

インプラント治療のため 神戸、西宮、芦屋、宝塚、尼崎、三田、明石、加古川、姫路など兵庫県下をはじめ これまで近隣の大阪、京都、奈良、岡山 遠くは 山口県、島根県、滋賀県、三重県、愛知県からインプラント治療のため ご来院いただきました。患者様のインプラントへの関心の高さは年々増しています。中村歯科医院(神戸インプラントCTセンター併設)ではインプラント治療は 現在では特殊な治療では全くなくなりました
「インプラント治療」は 歯周病治療や 歯の神経の治療、虫歯治療、咬み合わせ治療、入れ歯、矯正 など 全ての歯科治療の上に成立する治療法です。インプラントだけうまくいっても 全体として問題が出たり、最終的に正しい完成には至らない場合もあります。インプラントを考えておられる方は最も大切なこのことを しっかり理解していただきたいと思います。

「インプラント」 という言葉。最近はほとんどの方に知っていただけるようになりました。新聞や雑誌や インターネットなどで情報が届きやすくなったからですが、20数年前、私がインプラント治療を始めた頃は なかなか ご存じない方が大半でしたので 「インプラント」という言葉やその治療内容から 一生懸命患者様に説明したものでした。

インプラント治療は 日本では40年の歴史を持ちます。その間 歯科医学の目覚しい発展とともに 改良がなされ、最近の10年間ほどで確実性のある方法として確立されたと思います。2009年の現在 さらに各メーカーから インプラント表面の構造が新しく改良され販売されています。それまでのインプラントは 確かに骨との結合様式に問題があったり、骨量の十分でないケースには できなかったりしました。現在では 骨を作る方法も確立され インプラント治療に要する治癒期間もできる限り短縮する方向で進んでいます。

しかしながらインプラントに対して否定的な思いの患者様も 依然おいでになるかと思います。ほとんどの方が 怖いというイメージをお持ちだからです。インプラント材料が開発途中で確立していなかった失敗の多かった時代のころの経験談を聞いた方が多いようです。また手術方法や手技に原因があるのでしょうが、結果がうまくいかなかった方から 「インプラントはしないほうがいい」「やった人がうまくいっていない」など "否定的な感想"をお聞きになったりして「インプラントはしたくない」という考えを 持ってしまわれた患者さまもいらっしゃるのも事実です。

イメージ写真
イラスト
イラスト
健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。