健康への入り口

HOME診療のご案内総入れ歯生体シリコン義歯(コンフォートなど)について

診療のご案内:総入れ歯

総入れ歯-生体シリコン義歯(コンフォートなど)について -

生体シリコン義歯(コンフォートなど)について

現在でも普通の入れ歯は 内面(歯肉、粘膜に接するところ)が硬くお口の条件によっては痛みが生じやすくなる場合があります。また歯周病を長く放置されたなどで顎の骨が無くなり いわゆる 入れ歯の乗る「ドテ」がなくなっておられると、入れ歯が動いて どうしても安定せず、食事がままならなくなります。特に下顎の入れ歯において問題が多く発生しがちです。

かみ合わせの正しい 精密な入れ歯を作製した上で、こういう場合 内面を特殊な生体用シリコンで作製するとかなり満足度の高い状態にもっていくことができ、多くの患者様に喜んでいただいています。(健康保険外の入れ歯です)

今までこういった軟性の材料はいろいろありましたが(過去に出ては消えて行きました)、この生体用シリコンはようやくたどり着いたといえる 特許も申請している画期的な材料といえます。

治療前の入れ歯

治療前の状態です
従来型の総入れ歯の装着状態です。
装着感が劣る上、
見た目にも不自然さがあります。
総入れ歯
総入れ歯
イメージ写真
健康の入り口「歯」の情報を中心とした生活健康お役立ち情報院長のひとり言

このページのトップへ

歯の悩みは神戸市灘区 六甲道駅すぐの歯医者「中村歯科医院」にご相談下さい。